ありえなくない?

2006年 06月 23日 ( 1 )

4年間の集大成

日本代表の2006年W杯が終わった。結果はグループリーグ勝ち点1の最下位。得点2で失点7。この数字を見ると悔しい気持ちにしかなれん。
ブラジル戦を振り返ると、あの玉田のゴール。唯一盛り上がった場面であっただろう。いままで玉田批判が多かった中結果を残した点ですごいと思う。W杯は内容なんかいらないし、結果が全てを語ってしまうから。あの先制点を取った時にイケるんじゃないか?と思った自分が情けなく感じました。
前半のロスタイムにロナウドに決められた。あれで日本代表は切れてしまったのかな?ロナウドはここぞで働くエースと感じた。いつもはチンタラ動いているようだが、やる時はやる男。日本のメディアにも「動けない」とか酷評されたけど、日本代表のDFと対した時はポストプレーなどやりたい放題でしたわ。ここに来て復調させたな・・・。後半はブラジルの練習みたいになってしまった。ずっとパス回されて、空いたスペースからシュート。ジュニーニョ相変わらず恐ろしい・・・。こんな相手に2点差で勝とうとしていた日本・・・。それを煽りまくったメディア・・・。ブーイングも浴びせずに「次勝てる」「可能性がある」など夢見たサポーター・・・。全てが今日の90分間で崩壊した。大げさに言えば4年間分の夢が崩壊した。さすがブラジル。最後に対戦できて良かったぜ。今の日本の実力を改めて示してくれたところに感謝するぜ。ジーコも中途半端なチームに負けるより良かった気がする。
ジーコの4年間の挑戦が終わった。ジーコが日本に新しくもたらしたものは何だろうか?サッカー素人の俺には分からん。でも選手の自主性や自由を重んじたことは明らか。さすがブラジル人!でもね、まだ日本サッカーはそこまでのレベルに達していなかったのではないかと思う・・・。日本人って小さい時から、義務教育やクラブの過程で必ず厳しい規律を守れと言われてくる。さすが日本!勤勉家だぜ。ブラジルサッカーと日本サッカーの不一致。これが最後になって見えてしまったかと。例えば、先制した時は今後どのように戦うのか、同点に追いつかれた時はどのような意識を持つのか、等の場面場面で選手だけで考えるのはまだ無理かと。やはり監督の指示や規律(ルール)で縛ったサッカーの方が現状の日本サッカーには向いてるのかな?もう少しレベルが高かったらジーコの考えで良かったな!うん、たぶん・・・。別にジーコを批判してるわけじゃない。まだまだ日本サッカーの発展が足りなかっただけさ。Jリーグができてまだ10年ちょっとだべ?そんな日本が欧州や南米に追いつけるのはまだ時間が必要だ!中国の経済事情と似てるな。あそこは日本経済を参考に急激な発展を目指して、いまその歪みがきてる。何事も焦ってはイカンね。
さて日本サッカー協会は2010年まで誰に託すんだろうか?う~ん・・誰だろ?俺は分からん。でも組織を重んじる監督にしてほしい!まだ個々で戦うの難しいから組織で勝ちあがれるようになってもらいたい。あと注文出すなら、選手を対等に評価してくれる監督にしてください。調子悪いけど、今までの実績で選出とかやめてください。あと「走る」ことを大事にしてくれる監督。後半の日本代表みたかね?まったく走れない。点差開いてもどんなに負けていても、最後まで走ってくれよ。本当のプライドが壊された気分になったよ。あれじゃサポーターもかわいそうだ。諦めモード全開。負けは仕方ないけどアレにはがっかりした。最後につまらないもの見ちまった。気持ちだけは持った試合にして欲しかったです。
今日のピッチはカズが38年間夢見たピッチ。カズ以外にも多くの選手がW杯を夢見てきた。ドーハの悲劇で選手のほとんどがピッチで泣いた。あの時の強い気持ちは果たして引き継がれてるのだろうか?夢見て敗れた選手の意見を聞いてみたい。
今日から新しいスタート。2010年か・・・。W杯行けるよね・・・。俺は25か・・・。働いてるのかな・・?
くっそー!もう賭けていたチェコも負けたし、あとは強豪同士の戦いを楽しむぞ!
[PR]
by nakunai30 | 2006-06-23 17:13