ありえなくない?

母校凱旋!!

ただいまなさい。ちょっと母校に行って来ました。
なんて言うか懐かしくて懐かしくて、切なくて・・・。戻りたくなってしまった。
まず部室に行くと案の定、鍵がかかっておらず入れた。部室なつかしす!俺の置いてった辞書一式らしきものがまだある!マンガも置いてある!エロ本は最新版に・・・、時の流れです。
そして、部室には未だ俺ら代の写真が貼ってあって嬉しかった。集合写真とか4年前のものだけどまだあった。若い・・。てっか何で俺の写真だけカビがものすごいんだ・・・。呪われてるね!
なんか部活の写真見ていると昔思い出して感極まる。まさに青春。現部員との関わり合いはほぼなくて、今の高3とOB戦やったぐらいだから俺のことはみんな分からないだろうなぁ。でも機会があったらまたOB戦に参加したいなぁ。今年の夏とか参加しちゃおうかしら。行きてー!!よし、先輩や後輩集めて3チームぐらい作ってリーグ戦でも行う計画が今ひらめいた。できるか問題だけども・・・・。
んで校舎はあまり変化していなかったけど、何故か入り口に大きな液晶TVらしきものが3つ置いてあって、1年2年3年の本日の行われる授業日程が放送されてる!しかも部活の情報やキャンパス情報も流れてる!
なんてハイテクな・・・。無駄に金かけやがって!俺らの時そんなもんないわ!
とまぁ、入り口で帰るのもなんだから校舎に潜入。むろん母校は私服なんで俺が入っても違和感はあまりないはず。しかし、シューズがないためテキトーにロッカーを開けてレンタル!いいねぇ。4年前とあんま行動が変わってねー!
とまぁ校内ではみんな授業を受けてる。若い!「最小値」とか「微分」とか聞こえてくるし!相変わらず席はぐちゃぐちゃだった。これは伝統なのか?と不思議に思った。
しかし、ここで問題発生!!
「ちょっと!」と先生になんと呼び止められた・・・。やっべー!と思いながら振り返る。そこには俺の知らない先生がいた。「もう授業終わったの?」と言ってきた。
俺は堂々と「いやぁ、ちょっと体調悪くて早退するんすよ」と反撃。
先生は「大丈夫?帰れる?」と心配をァ'`,、(´∀`) '`,、
俺はすかさず「大丈夫っす!帰れます!さよなら~」とヒラリマントを使ったかのようにかわした。俺天才。まだ帰れませんがな、任務を遂行するまでは。
そして3階に潜入。仲の良かった先生に会うために英語職員室前に来た。もうココまで来てしまえばこっちのもの。「○○先生はいらっしゃいますか?」と知らない先生に尋ねた。「いや~○○先生は出張だね。ごめんね~」と・・・。最悪だ!オワタ。ばかやろー!ヽ(`Д´;)ノ タイミング悪すぎだよ!
諦めて帰ることに・・・。まぁ最低限のやるべき仕事はしたので仕方ないかと思いながら・・。
とまたここで問題!!
今度はさっきとの別の先生が話しかけてきた。「何?今は授業中だよ?何してるの?」と言ってきた。
俺は「いや、ここの卒業生です。ちょっと用事がありまして・・・」と素直に返す。
先生は「あ、そうなの?ゆっくりして行ってね」と。
俺「あーざーっす。」と。何コレ。部外者とか関係なく入れちゃうじゃん!まぁさすがだわ。セキュリティは0だね、セコムしてませんね。
とまぁこんな感じで楽しんだ。仲の良かった先生達が移動でいなくなってたりしていて寂しかったっす・・・。知っている先生も2割りぐらいになってた。悲しいかな・・・。
でも母校はいいね!今度は高校の奴らで潜入してくるか!楽しみす。
[PR]
by nakunai30 | 2006-06-15 17:27