ありえなくない?

死神。

デスノートにハマった俺。(ハマじゃないよ。)
くそおもしれー!なぜ俺は今まで読んでこなかったのだろうか・・・。考えながら読むからめちゃくちゃ時間かかるけど、読み終わった時には自分がちょっと賢くなった気がします。
でもパソコンで読んでいるから余計に時間かかるし、目が疲れてしまうのが欠点。
デスノートは個々による「正義」の定義の違いが殺人を引き起こすマンガです。なんてゆーか、ノートに名前を書くだけで人を殺せるってことはこの世の中では考えもできん。
もし俺がこのノートを保持したら、俺は誰の名前も書くこともできないと思う。なにより生まれてきて、いなくなってしまえばいいのにと考えた人間なんていないのさ。そんな勇気もありませんがな。
でも、人を殺したいとか思っている人なんてこの世には少なからずいると思う。殺したいと考えてる人が何故事件を起こさないかというと、人の道を外れたくないと思っているからだろう。でも、もし誰にもバレることなく人を殺すことができるなら、この世の中はどーなってしまうのだろうとフッと考えた。恐ろしい。
「あいつ気にいらねぇから殺すか」みたいな考えられないことになっちまう。
人が生きていく上で、何人もの人と関りあいをもつ。その関わった人全員と仲良くなったりするのは無理な話だ。気に入らない人や、苦手な人も絶対いる。俺だっていたし。
でもね、いかにその苦手な人を受け入れるかが人の器の大きさだと最近思った。俺も前までは苦手な人に対して変な対応とったりしていたけど、今はもう普通に接する。向こうだって俺のことを苦手だと思ってるかもしれんし。
自分が苦手だと思っている人にも必ず良い面がある。それを見ることができないため、苦手だと感じてしまうんじゃね?
だから俺はなるべく人の言動や考えを読むことを心がけて今後生きていかなきゃならんと考えてる。これはとても難しいことだけど。
まぁ、あれだ!とりあえず「飲めば奇跡が起きる」と伝えたかった!!
[PR]
by nakunai30 | 2006-06-03 23:54